2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの違いは?おすすめの商品の紹介と用語の解説

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの違いは?おすすめの商品の紹介と用語の解説

自宅で過ごす時間が増えて来ており、お家で映画を見る機会が増えたと思います。そこでおすすめなのがホームシアターです。ホームシアターのスピーカー構成は主に、2.1ch・5.1ch・7.1chの3つが主流です。また、数が増えるほどより立体的なサウンドで臨場感のあるホームシアターになります。

しかし、2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーと言われてもピンと来ない方が大半だと思います。そこで今回は、ホームシアターを導入する上での各用語の解説と2.1ch・5.1ch・7.1ch各スピーカーのメリットとデメリットについて解説したいと思います。

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー各用語の解説

はじめに、ホームシアターを導入する上で知っておきたい各用語の解説をします。
知っておきたい用語は、以下の2点です。

2.1ch・5.1ch・7.1chの数値の違いとは?
サブウーファーとは何か?
バーチャルサラウンドとは?

2.1ch・5.1ch・7.1chの数値の違いとは?

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー各用語の解説 2.1ch・5.1ch・7.1chの数値の違いとは?

スピーカーやヘッドホン選びの時に良く目にする「2.1ch・5.1ch・7.1ch」などの数値ですが、これは一体何なのでしょうか?おそらく「chはチャンネル」ってなんとなくわかる方もおられると思います。では数字ですが、これはスピーカーの数を表しています。2.1chならスピーカーは2つ、5.1chは5つ、7.1chは7つと言った風に表されます。

一方、2.1chの1の部分はサブウーファーの数を表しています。

サブウーファーとは何か?

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー各用語の解説 サブウーファーとは何か?

サブウーファーとは、スピーカーの中でも重低音に特化した、重低音再生専用のスピーカーの事です。

「重低音専用スピーカーなんているの?」と疑問に思いませんでしたか?結論から述べるとサブウーファーは絶対に合った方がいいです。何故かというと、サブウーファーはバンドで言うベースの様な役割です。音声の臨場感と重厚感を演出してくれるのがサブウーファーです。

また、重低音の無い映画や音楽は、音に厚みが無く何か退屈な気分になりますが、重低音の多く含まれた映画や音楽は脳がアドレナリンを分泌し没入感を与えてくれます。

バーチャルサラウンドとは?

バーチャルサラウンドとは、後方に多数のスピーカーを設置することなく360°方向から音声が聴こえ、5.1ch以上のサラウンドを仮想的に実現する音の事です。主に音の錯覚を利用しており錯覚を使い5.1以上のサラウンドを再現しています。

また、最近では実際に後ろから音が聴こえるバーチャルサラウンドも登場しており、前方のスピーカーからビーム状の音を後方の壁に反射させて後方から聴こえるようにする仕組みで、2004年にヤマハがYSP技術として実現させています。

2.1ch・5.1ch・7.1ch各スピーカーの特徴

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの各用語の意味を理解したところで次は、2.1ch・5.1ch・7.1ch各スピーカーの特徴について詳しく解説していきます。

2.1chの特徴とメリット・デメリット
5.1chの特徴とメリット・デメリット
7.1chの特徴とメリット・デメリット

2.1chの特徴とメリット・デメリット

2.1chは、前方左右2つのスピーカーとサブウーファーをセットしたホームシアターです。特徴は設置しやすく場所を取らないほか、価格が非常にリーズナブルです。設置スペースや予算が限られている場合はおすすめです。

当然スピーカーの数が多ければ、音の臨場感と重厚感、迫力が増しますが、2.1chの場合は音の臨場感と迫力に少し欠けます。

  • 価格が非常にリーズナブル
  • 設置スペースを多く確保する必要が無い
  • 音の臨場感と重厚感に欠ける

5.1chの特徴とメリット・デメリット

一般的なホームシアターに良く使われており、スピーカーは前方左右に2つとセンターに1つ、後方に2つ、さらに重低音専用のサブウーファーをセットした5.1chタイプです。特徴としては、2.1chに比べると大幅に臨場感がアップします。

また、現在配信されているDVDでは、映画の音声を5.1chで収録してるものが多いので、映画館と同じ様な迫力で映画を鑑賞することが出来ます。

ですが、合計6つのスピーカーを設置しなければいけないので、設置スペースを多く確保する必要があります。また、スピーカーの本数が増えることで、予算も多く必要になってきます。

  • 映画館と同等レベルで映画鑑賞が出来る
  • 2.1chに比べると圧倒的な臨場感と迫力がある
  • 設置スペースを多く確保する必要がある
  • 費用が掛かる

7.1chの特徴とメリット・デメリット

7.1chは、スピーカーを前後左右にそれぞれ1つの計4つをセットし、さらにセンターに1つ、後方に2つ、そして重低音専用サブウーファーをセットしたホームシアターです。特徴としては、単純に5.1chの上位構成でリアルな迫力と臨場感が楽しめます。

現在のブルーレイでは、7.1chで音声収録されているものが多いです。そのため、7.1chのホームシアターを導入すれば最高品質で映画鑑賞をすることが出来ます。

しかし、多くの設置スペースを確保しなければいけないほか、設置に膨大な費用が掛かってしまいます。また、設置したとしても音が近隣住民に漏れてしまう可能性があるため設置場所も十分に検討する必要があります。

  • 映画館以上のレベルで映画鑑賞が出来る
  • 圧倒的な臨場感と迫力で没入感がある
  • さらに多くの設置スペースを確保する必要がある
  • 設置に膨大な費用が掛かる
  • 音が近隣住民に聞こえる可能性がある

2.1ch・5.1ch・7.1chで初心者おすすめなのは?

2.1ch・5.1ch・7.1chで初心者おすすめなのは?

2.1ch・5.1ch・7.1chの中で初心者におすすめおすすめなのは、「2.1ch」です。簡単に設置できるほか、予算も比較的にリーズナブルです。また、設置スペースもあまり確保する必要が無く手軽にホームシアターを楽しむことが出来ます。

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの選び方

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーにもさまざまな形状・タイプがあります。自分の部屋の環境やみたい映像などに合わせて最適なものを選んでみてください。

スピーカーの種類で選ぶ

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの選び方 スピーカーの種類で選ぶ

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーには大きく2種類のタイプがあります。

ひとつは、「サウンドバータイプ」で、複数のスピーカーが一つの筐体に収められている一体型のタイプです。設置方法が簡単で、テレビの前に置くだけなので省スペースでの使用が可能です。また、手間な設定も必要ないので手軽に音響設備が整います。

一方の「セパレートタイプ」は、一つ一つ独立しているため設置の手間はかかりますが、「サウンドバータイプ」に比べると臨場感や迫力があり本格的に映画鑑賞をしたい方にとてもおすすめです。

部屋の大きさに合わせて選ぶ

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの選び方 スピーカーの種類で選ぶ

2.1ch・5.1ch・7.1chでは、それぞれスピーカーの数が違います。スピーカーの設置本数が異なれば設置スペースも非常に重要になってきます。また、部屋の形状などによってもスピーカーの設置方法が変わったり、設置出来ない場合があるので事前にチェックしておきましょう。

他にも、壁の薄いマンションやアパートの場合は、音が漏れてしまい近隣住民に迷惑となる場合がありますので十分に注意しましょう。

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー

2.1chスピーカーのおすすめ

Creative Pebble Plus 2.1chスピーカー SP-PBLP

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーの違いは?おすすめの商品の紹介と用語の解説 おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー

2本のスピーカーとサブウーファーがセットになった2.1chのモデルで価格が非常に安く、スピーカーがコンパクトで机上にも設置しやすいタイプです。また、USBで動作する為パソコンやゲーム機にも簡単に取り付けが行えます。

<参考価格4,000円~>

ch数2.1ch
ワイヤレス接続不可

ONKYO 2.1chシネマパッケージ BASE-V60

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 2.1chスピーカーのおすすめ

スリムなAVレシーバと2本のスピーカー、サブウーファーがセットになった2.1chのモデルで、コンパクトながら各チャンネルが80Wのハイパワーな性能を備えています。また、スピーカーを別途追加することで5.1chまで対応しています。

<参考価格54,000円~>

ch数2.1ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth,Wi-Fi)

ソニー サウンドバー HT-X8500

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 2.1chスピーカーのおすすめ

 

サウンドバーとサブウーファーがセットになっており、Bluetooth接続可能でハイレゾに対応したモデルです。また、サラウンド規格の「Dolby Atmos」や「DTS:X」に対応し、より立体的なサウンドを体感できます。

<参考価格35,000円~>

ch数2.1ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth)

5.1chスピーカーのおすすめ

ヤマハ サウンドバー YAS-109

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 5.1chスピーカーのおすすめ

3Dサラウンドシステムを搭載した一体型のスピーカーで、音に包まれる様な重厚感があります。また、セリフなどをしっかり聞き取れるクリアボイス機能も搭載しておりストレスなく視聴できます。

<参考価格22,000円~>

ch数5.1ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth)

Razer Leviathan RZ05-01260100-R3A1

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 5.1chスピーカーのおすすめ

 

ゲーミングデバイスを手掛ける「Razer」製のサウンドバーです。主にゲーム向けの商品ですが、ドルビーバーチャルスピーカー技術を搭載しておりクオリティの高い音響を楽しめます。

<参考価格25,000円~>

ch数5.1ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth)

Bose Lifestyle 600 home entertainment system

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 5.1chスピーカーのおすすめ

「OmniJewel」のスピーカーを採用したパッケージタイプです。「QuietPortテクノロジー」を採用し、クリアで迫力のある重低音が体感できます。音にとにかくこだわりたい方にとてもおすすめの商品です。

<参考価格429,000円~>

ch数5.1ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth,Wi-Fi)

7.1chスピーカーのおすすめ

ソニー サウンドバー 7.1.2ch HT-ST5000

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 7.1chスピーカーのおすすめ

 

前後左右だけではなく上下からも聞こえる3次元の立体音響技術を体験できるサウンドバーです。サラウンド規格「Dolby Atmos」と「DTS:X」にも対応しておりコスパの良いモデルです。

<参考価格158,000円~>

ch数7.1.2ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth,Wi-Fi)

ヤマハ デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

おすすめの2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカー 7.1chスピーカーのおすすめ

 

自動で部屋の大きさや形を計測してくれる「インテリビーム」搭載で設定が簡単です。また、デジタル・サウンド・プロジェクター技術により壁から音が聴こえるようで臨場感のあふれる音響を楽しめます。

<参考価格91,000円~>

ch数7.1ch
ワイヤレス接続可(Bluetooth,Wi-Fi)

まとめ

2.1ch・5.1ch・7.1chスピーカーとは一体何なのかや違いを理解することでスピーカー選びが格段に楽しくなると思います。また、今後スピーカーを選ぶ上で用途や部屋の形状に合った2.1ch・5.1ch・7.1chなどチャンネル数を選ぶことでより良く映画鑑賞や音楽鑑賞が出来ます。

<おすすめの関連記事>