おすすめグラボまとめ!予算・ゲーム別にわかりやすく解説

おすすめグラボまとめ!予算・ゲーム別にわかりやすく解説

初めて、グラフィックボード(以下、グラボ)を購入するかたやグラボの交換を考えているかた向けに、最新のグラボ価格別や対応ゲーム別、各グラボのメリットとデメリットも交えておすすめのグラボを紹介していこうと思います。

自作PCの作成が初めての方や、改めてグラボを知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。グラボとは何か?などの豆知識等も説明しています。

参考記事→グラボの大切さとメリットを徹底解説!!

予算1~2万円:コスパ最高のグラボ

一昔前までは、「GTX1050Ti」がコスパ最高レベルのグラボだったので、私も良く使っていました。

ですが、最近では、「GTX1650」が値下がりしてきて、「GTX1050Ti」よりも「GTX1650」が圧倒的にコスパの良いグラボに成り上りました。

それも踏まえて、予算1~2万円のコスパ最高レベルのおすすめグラボを紹介していきます。

NVIDIA GeForce GTX 1650(参考価格14,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1650(Boost:1620MHz)
  • メモリ:GDDR6 4GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DL-DVI-Dx1、DisplayPortx1(v1.4)、HDMI 2.0bx1
  • 電源コネクタ:6pinx1
  • 消費電力:75~80W
  • コスパが最高レベル
  • 軽いゲームなら快適にプレイ可能
  • 補助電源が要らないモデルもある
  • 省消費電力
  • 4K映像も視聴可能
  • 事前にBIOSのアップデートが必要
  • ゲームを4Kでプレイすると少しカクつく

予算1~2万円のグラボの中では一番おすすめしたいグラボです。

先ほども言いましたが、最近は「GTX1650」が大幅に値下げしており、一気に14,000円程度まで下がっています。

また、YouTube等で4K動画や映画を視聴も快適にできます。

性能的にも、非常に高く本当にコスパの良いグラボになっており、凄くおすすめですので、是非チェックしてみてください。

ですが、事前にBIOSを最新のバージョンにしないと正常に起動しない場合があるので注意してください。

<対応ゲーム一覧>

  • Minecraft
  • APEX
  • フォートナイト
  • CoD
  • AVA
  • PUBG LITE他
Amazonで詳しく見る

NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(参考価格13,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1050Ti(Boost:1290MHz)
  • メモリ:GDDR5 4GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DL-DVI-Dx1、DisplayPortx1(v1.4)、HDMI 2.0×1
  • 電源コネクタ:6pinx1
  • 消費電力:75~80W
  • コスパが良い
  • 軽いゲームならそこそこプレイ可能
  • 補助電源が要らないモデルもある
  • 省消費電力
  • GTX1650より劣るが価格の差がそんなにない
  • 4K出力可能だが少しカクつく

性能的には良いのですが、はやり「GTX1650」が14,000円台から購入可能となると、すこし手が出ないのかなという印象です。

ですが、何度も言いますが性能は良いです。少しでもコストカットしたいという方はこちらのグラボを検討してみてください。

<対応ゲーム一覧>

  • Minecraft
  • フォートナイト
  • AVA
Amazonで詳しく見る

AMD Radeon RX 5500(参考価格20,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:AMD RADEON RX 5500 XT(Boost:1845MHz)
  • メモリ:GDDR6 4GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DisplayPortx3(v1.4)、HDMI 2.0×1
  • 電源コネクタ:8pinx1
  • 消費電力:75~80W
  • 軽いゲームなら快適にプレイ可能
  • 4K出力が可能
  • 省消費電力
  • 静音ファン搭載
  • 2万円を少しオーバーしている
  • 8pinの補助電源が必要

性能は最初の「GTX1650」よりも良いグラボになっています。

ですが、2万円をオーバーしているので、予算に余裕がない方は注意が必要です。

このグラボだと快適にプレイできるゲーム多い上に最高画質でプレイ可能なものが多いのでおすすめです。

また、4K出力も問題なく行えるので、4Kで動画が見たい方やゲームをプレイしたい方におすすめのグラボです。

<対応ゲーム一覧>

  • Minecraft
  • APEX
  • フォートナイト
  • CoD
  • AVA
  • PUBG他
Amazonで詳しく見る

予算3~5万円:パフォーマンス重視

これくらいの価格のグラボになるとパフォーマンスは最高クラスのものになってきます。

また、見た目にもこだわっているグラボもあったりなど、バリエーションも豊富です。

パフォーマンスのみだけではなく見た目にもこだわってグラボを選んでみるのも良いかもしれません。

NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER(参考価格24,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER(Boost:1800MHz)
  • メモリ:GDDR6 4GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DL-DVI-Dx1、DisplayPortx1(v1.4)、HDMI 2.0×1
  • 電源コネクタ:8pinx1
  • 消費電力:75~80W
  • 少し重いゲームでも(設定次第で)快適にプレイ可能
  • 4K・8K出力が可能
  • 省消費電力
  • 静音ファン搭載
  • 本体温度が上がる時がある
  • 8pinの補助電源が必要

このグラボは「GTX1650」の次にコスパ最高のグラボだと思います。

パフォーマンス面も最高レベルですし、価格もそこまで高くないので手も出しやすいグラボです。

予算に少しでも余裕のある方や、ゲームをもう少しだけ快適にプレイしたい方におすすめのグラボですので是非購入を検討してみてください。

ですが、使用中にグラボ本体の温度が上がる時があるので十分な冷却性能が大事ですので注意してください。

<対応ゲーム一覧>

  • Minecraft
  • APEX
  • フォートナイト
  • CoD
  • AVA
  • PUBG
  • MHW
  • GTA5
Amazonで詳しく見る

NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER(参考価格48,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER(Boost:1815MHz)
  • メモリ:GDDR6 8GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DisplayPortx3(v1.4)、HDMI 2.0×1
  • 電源コネクタ:6pinx1、8pinx1
  • 消費電力:90~95W
  • 重いゲームでも快適にプレイ可能
  • レイトレーシング対応
  • 4K・8K出力が可能
  • 処理速度が桁違い
  • 本体の幅が大きいのでPCケースのスペースに注意が必要
  • 8pin・6pinの補助電源が必要

このグラボは性能面が非常に良く、4Kでゲームをプレイしても快適にプレイできます。

また、レイトレーシングにも対応しており、最高のクオリティかつ快適でもう最高です。

価格は少し高いですが、それくらいの価値があるグラボですので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

<対応ゲーム一覧>

  • BF5
  • PUBG
  • CoD
  • R6S
  • その他殆どのゲームプレイ可能!!
Amazonで詳しく見る

予算5万円以上:カッコいい

ここまで来ると正直ロマンな気もします。

ですが、ロマンを求める上ではすごくカッコいいグラボばっかりです。

見た目も考慮した上でおすすめのグラボを紹介したいと思います。

NVIDIA GeForce RTX 3070(参考価格70,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 3070(Boost:1800MHz)
  • メモリ:GDDR6 8GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DisplayPortx3(v1.4)、HDMI 2.1×1
  • 電源コネクタ:6pinx1、8pinx1
  • 消費電力:90~95W
  • どんなゲームでも快適にプレイ可能
  • レイトレーシング対応
  • 4K・8K出力が可能
  • 省消費電力
  • 静音性に優れている
  • 本体温度がすこし上がる時があり部屋全体が暖かくなる
  • 8pin・6pinの補助電源が必要

このグラボは、すべてに置いてほぼ完ぺきです。

4Kでゲームをプレイしても60FPSや120FPS出るので快適そのものです。また消費電力も多くなく、電源を増設する必要もほぼありません。

ですが、グラボ本体の温度が上がる時があり、温度が上がると部屋全体が暖かくなるレベルです。

なので、どうしてもという方は冷却性能に優れたPCにすることをおすすめします。

<対応ゲーム一覧>

  • 8Kじゃなければ、どんなゲームプレイも可能!!
Amazonで詳しく見る

NVIDIA GeForce RTX 3080(参考価格100,000円~)

Amazonで詳しく見る
  • GPU:NVIDIA GeForce RTX 3080(Boost:1770MHz)
  • メモリ:GDDR6X 10GB
  • I/F:PCI Express x16 3.0
  • 出力:DisplayPortx3(v1.4)、HDMI 2.1×1
  • 電源コネクタ:6pinx1、8pinx1
  • 消費電力:95~100W
  • どんなゲームでも快適にプレイ可能
  • レイトレーシング対応
  • 4K・8K出力が可能
  • かっこいい
  • どんなゲームでも快適にプレイ可能
  • レイトレーシング対応
  • 4K・8K出力が可能
  • かっこいい
  • 少しファンの音が気になる(物による)
  • 8pin・6pinの補助電源が必要

もう完璧です。

こちらもELSA(エルザ)のグラボは見た目もカッコよくシンプルな作りとなっています。

パッケージにはCoDシリーズの最新作の「Cold War」のデザイン入り

ここに印刷されているだけでなんかすごくカッコよく見えます。

ですが、ファンの音が少し気になるので問題点の一つです。それを踏まえても、見た目良し、性能良しのグラボですので是非気になった方は詳細をご覧ください。

<対応ゲーム一覧>

  • どんなゲームプレイも可能!!(勿論CoD:BOCWも快適です!)
Amazonで詳しく見る

まとめ

おすすめのグラボについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

最近はグラボの値段とハードルが下がってきておりグラボが非常に手の出しやすい価格になってきています。これを機会に新たなゲーム生活を送ってみてはいかがでしょうか?

参考:各パーツの選び方

CPUの選び方

CPU選び方!失敗しない為の大切なポイント!

マザーボードの選び方

マザーボードの選び方!絶対に失敗しない大切なポイント!

電源ユニットの選び方

【自作PC】電源ユニットの選び方ポイント解説!

PCケースの選び方

PCケース選び方!大事なポイントを解説