HDDとSSDの違いってなに?メリットとデメリットを合わせて紹介

HDDとSSDの違いってなに?メリットとデメリットを合わせて紹介

HDDやSSDはパソコンにとってとても重要なパーツです。データを保存しておくための内部記憶媒体(内部ストレージ)でOSやアプリケーションなどの重要データ全てが、HDD、SSDに保存されています。そのため、内部ストレージの性能によってパソコンの動作速度にも繋がってきます。今までは、主にHDDが使用されていましたが、最近ではSSD搭載のモデルも増えて来ています。そこで今回は、HDDとSSDについて理解していただくために、HDDとSSDの違いとメリットとデメリットについて紹介します。

HDDとは

HDDとSSDの違い

HDDとは、ハードディスクドライブの略で、パソコンの様々なデータを電磁的に書き込んだり読み出したりする記憶媒体(ストレージ)です。
HDDの構造については、中にプラッタと呼ばれる磁性の液体が塗布された円盤が複数枚入っており、それを高速で回転させ、磁気ヘッドと呼ばれるピンの様なもので書き込み・読み出しを行っています。イメージ的には、レコードの様な感じです。

内部で円盤が高速回転しているので、回転中の衝撃に弱くデータ損失や動作不良に至るケースが多く衝撃には注意が必要です。

HDDのメリットとデメリット

では、HDDのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

HDDのメリット

  • 大容量なモデルが多い
  • 容量単位の単価が安い

HDDの最大のメリットは大容量なモデルが多いうえに、容量単位の単価が非常に安いという点です。最近では20TBのモデルも存在し、すごく大容量になってきています。1TBのモデルなら約4,000円程度で入手可能なので、コスパを重視したい方はHDDがおすすめです。

HDDのデメリット

  • 読み書き速度が遅い
  • 衝撃に弱い
  • 消費電力が大きい

デメリットについては、読み書き速度が遅く、OSやアプリケーションの起動に時間が掛かってしまうという点です。また、衝撃にも非常に弱く、内部の円盤が回転中に衝撃を加えるだけで、内部の円盤が破損してしまいデータ損失に繋がってしまう可能性があります。

SSDとは

HDDとSSDの違い

SSDとは、ソリッドステートドライブの略で、半導体のメモリチップを利用した記憶媒体です。読み書き速度が比較的に速く、最近では、SSDの大容量化が進んできており、欠点であった容量の少なさを克服し人気になってきています。OSやアプリケーション起動は約1分程度で完了し快適にパソコンを使用することが出来ます。

SSDのメリットとデメリット

では、SSDのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

SSDのメリット

  • 静音性能が高い
  • 読み書き速度が速い
  • 衝撃や熱につよい
  • 消費電力が少ない
  • コンパクトで軽い

やはり最大のメリットは、HDDに比べて読み書き速度が非常に速いという点です。また、動作音も小さく静音性能にも優れています。さらに、衝撃や熱にも強くコンパクトなので、持ち運びや収納性にも長けています。

SSDのデメリット

  • 容量単位の単価が高い
  • まだまだ容量が少ない
  • 故障するとデータ復元が難しい

SSDのデメリットについては、容量単位の単価が非常に高く、1TBのものになると約20,000円程度します。また、衝撃や熱には強いものの、一度故障してしまうとデータの復元が非常に難しいです。

SSDのおすすめ使用例

HDDとSSDの違い

パソコンのアプリケーションの起動が遅いとき

パソコンのアプリケーションの起動や、パソコン全体の動作が遅くなったと感じでいる方は、SSDに変更することでアプリケーションの起動が格段に速くなります。

パソコンの起動に時間が掛かるとき

パソコンを起動し終わるまでに、数分かかっている場合はSSDに変更することで起動時間が約1分程度まで大幅にカットすることが出来ます。

SSDの寿命とは

HDDとSSDの違い

SSDには勿論ですが寿命があります。主に内部の半導体素子が劣化し読み書きの速度が低下していきます。最終的には読み書きが待ったくできなくなってしまいます。一般的なSSDの場合だと、約1,000~10,000回程度読み書きを行うと寿命に達するとされています。頻繁に書き込み・読み込みをされる場合は、耐久性能の優れたSSDを選びましょう。

まとめ

SSDはHDDに比べて高速なデータ転送が可能ですが、その分価格も大きく変わってきます。また、HDDに比べると容量も少ないモデルが多いですので、写真や動画などはHDDに保存しておくなど、賢く使い分けるのがおすすめです。特徴を理解したうえで、用途・目的別に使い分ければコストも抑えることができます。是非本記事を参考にしてみてください。