microSDカードの選び方!microSDカードの種類による違いなどを詳しく紹介

microSDカードの選び方!microSDカードの種類による違いなどを詳しく紹介

microSDカード(マイクロSDカード)には様々な用途があります。

最近では、任天堂スイッチに使用したり、ビデオカメラに使用したりありますが、microSDカードを選ぶ上で知っておきたい注意点やポイントがあります。

この記事ではmicroSDカードの選び方と注意点・ポイントを詳しく解説しています。

microSDカードとは?

microSDカード選び方

SDカードとは、パソコンやスマートフォンなどから写真やデータを取り出し保存・記憶する媒体をリムーバブルメディアといい、その中に属するのがメモリーカードです。

その中でもmicroSDカードは、約11×15×1 mmの最小サイズのメモリーカードで、通常のSDカードの約1/4の大きさのSDカードです。

microSDカードは、携帯電話やスマートフォン、ゲーム機、オーディオ機器などの小型の電子機器に使われていることが多いメモリーカードです。

microSDカードの容量による違い

microSDカード選び方

microSDカードには、容量の大きさ別に3種類のタイプに分類されます。

microSDカード

2GBまでのデータ保存量を持つmicroSDカードが分類される。

microSDHCカード

4GB~32GBまでのデータ保存量を持つmicroSDカードが分類される。

microSDXCカード

64GB以上のデータ保存量を持つmicroSDカードが分類される。

例を挙げると、2GBのmicroSDカードは写真が大体、約500~550枚保存可能で、64GBのmicroSDXCカードになると約16,000~17,000枚保存可能になります。

最近では、microSDHCカードやmicroSDXCカードの価格も下がっており比較的安価に手に入るようになってきましたので、無理に容量の少ないmicroSDカードを選ぶ必要ないでしょう。

microSDカードの転送速度について

microSDカード選び方

意外と見落としガチな重要なポイントですが、SDカードにはデータの転送速度というものがあります。

また、その速度の違いによってもmicroSDカードの規格が変わりますので、簡単に解説します。
まず大きく、microSDカードはSDスピードクラスとUHSスピードクラスこの2つの規格に分かれます。

SDスピードクラス

SDスピードクラスからさらに、CLASS2、CLASS4、CLASS6、CLASS10の4つの分類に分けられます。
CLASS2は2MB/sec、CLASS10は10MB/secとなり、この速度は最低ラインの保証値なので、これ以上は下回ることはありません。

UHSスピードクラス

そして、UHSスピードクラスには、UHS-I、UHS-IIの2つの分類があり、UHS-Iは最大で104MB/sec、UHS-IIは最大で312MB/secのデータ転送規格が設定されています。
また、UHSスピードクラスにも最低ラインの保証値が設定されており、UHSスピードクラス1は10MB/sec、UHSスピードクラス3では30MB/secとなっています。

microSDカードの選び方

microSDカード選び方

microSDカードについては、「使用用途を考えて選ぶ」この一点に限ります。

例えば、デジタルカメラで撮った写真をパソコンへ転送したい。という場合は、
SDカードの容量も大きいものがいいですし、パソコンへ転送したい場合は転送速度も重要になってきます。

こうして、microSDカードの使用用途を考えることで、自分の目的に合ったものを選ぶことが出来ます。

用途別に重要視する項目をわかりやすく一覧表にしてみましたので参考にしてみてください。

使用用途重視するべきポイント
動画や写真撮影をするSD・UHSスピードクラスやデータ保存量
PCからSDカードにデータを保存する書き込み速度
SDカードからPCにデータを保存する読み込み速度
SDカードから直接ソフトの起動するアプリケーションパフォーマンスクラス

microSDカードの選び方その他編

先ほど紹介した、「microSDカードの選び方」の他にも、少しだけ注意しておきたいポイントを紹介します。

耐久力

microSDカードは人によっては頻繁に抜き差しするものであります。
なので、大切なデータを紛失しない為にも、耐久性が高く壊れにくいものを選ぶようにしましょう。

耐熱性

microSDカードを使用する機器によっては、本体が高温になり熱をもつことがあります。熱を持つと十分な転送速度などの機能を発揮できない他、最悪の場合はmicroSDカード本探の破損・焼損の原因になりますので、耐熱性にも十分注意するようにしましょう。

耐水・防水性

最近のデジタルカメラやビデオカメラには耐水性や防水性のものがありますが、microSDカード本体が耐水・防水性能を持っていないと、microSDカードが水没しテータがなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

他にも

他にも、耐衝撃や耐磁性、耐振動などもありますが、こちらも自分の使用用途に合ったmicroSDカードを選ぶようにしましょう。

まとめ

今回はmicroSDカードについて詳しく解説しました。microSDカードの選び方については使用用途を考え、自分に合ったものを選ぶのが重要になってきます。

本記事で紹介したことを念頭に置いて選ぶことで失敗するリスクが激減します。用途と予算そして、ブランドも検討し賢く買い物をしましょう。

<合せて読みたい記事>