AMD(Ryzen)でマイクラ推奨スペック自作PC

AMD(Ryzen)でマイクラ推奨スペック自作PC

最低価格で高パフォーマンスのAMD社の「Ryzen」CPUですが、今回はそのCPUの特徴を存分に活かして、マイクラの推奨スペックの自作PCの構成を考えて行きたいと思います。

マイクラの最低と推奨スペック

まずは、公式で発表されているMinecraftの最小スペックと推奨スペックを見てみましょう。

最小スペック

  • CPU:Intel Core i3-3210 or AMD A8-7600
  • GPU:Nvidia GeForce 400 or AMD Radeon HD 7000
  • HDD:最低1GB以上の空き容量
  • OS:Windows 7以降、OS X 10.9 Maverick以降、2014年以降のLinux

推奨スペック

  • CPU:Intel Core i5-4690 or AMD A10-7800以上
  • メモリー:8GB以上
  • GPU:GeForce 700 or AMD Radeon Rx 200以上
  • HDD:最低4GB以上の空き容量(SSD推奨)
  • OS:Windows 10、macOS 10.12 Sierra、2014年以降のLinux

こちらがマイクラ公式が発表しているスペックです。

これを基に低価格で「Ryzen」CPUを使った、推奨スペックの自作PCの構成を紹介します。

Ryzenでマイクラ推奨スペック構成

  • CPU:AMD Ryzen 5 3500
  • マザーボード:MSI B450 GAMING PLUS MAX ATX
  • GPU:MSI GeForce GTX 1650
  • メモリー:Kingston DDR4-3200 16GB
  • 電源ユニット:玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 500W
  • HDD:Seagate BarraCuda 3.5″1TB
  • PCケース:SAMA 黒鴉 kurogarasu
Amazonで詳しく見る
  • 低価格で高スペック
  • マイクラ以外のゲームも快適にプレイ可能
  • 今後10年間は快適にマイクラをプレイできる
  • AMD製のCPUはソケット形状に互換性があるのでCPU変更にコストがかからない
  • PCケースが大容量で作業性が良い
  • DVDドライブを搭載していないため写真や動画をDVDに保存できない
  • PCケースが大容量すぎて邪魔になる

この構成の特徴

初めに、マイクラで重要なパーツは「CPU」「GPU(グラボ)」「メモリー」のこの3点です。

とりあえずこの3点を抑えていれば、低予算・低価格で快適にマイクラをプレイすることが可能です。

なので、今回はこの3点を重要視し、「Ryzen」CPUを使った構成を考えています。

皆さんも構成を考えるときはこの3点を良く考えて自作することをおすすめします。

では、この3点について詳しく解説していきます。

CPUについて

CPUについてはもう少しグレードの低いものでもよかったのですが、マイクラというゲームは日々進化を繰り返しており、日に日に推奨スペックが変わっていきます

なので、少しでもグレードの高いCPUを搭載しておくと安心なので、今回は「AMD Ryzen 5 3500」を組み込んでいます。

他にも、価格的に「Ryzen」は安いという面もあり、選んでいるのもあります。

また、AMD製の「Ryzen」CPUは旧世代のソケット形状との互換性もあり改造等もしやすい特徴もあります。

GPU(グラボ)について

GPUについては、正直推奨スペックを作成するなら「GTX 1050Ti」でもよかったのですが、価格がそこまで変わらないくらいまで下がっており、性能的にも「GTX 1650」の方が断然上なので、今回はこちらを組み込んでいます。

もっとスペックに余裕を持たせたい方は、「GTX 1660 SUPERなどもおすすめなのでチェックしてみてください。

メモリーについて

今回搭載しているマザーボードが「DDR4-3200」対応ということで、こちらのメモリーを選んでいます。

容量も16GBなので全く問題なくマイクラをプレイできるでしょう。

今回はあくまでも推奨スペックを作成するのが目的なので、サーバーを立てながらのプレイメモリー容量がちょっと心配だという方はもう少し容量を増設しても良いかと思います。

まとめ

今回の構成では、OS(Windows)を含めておりません。OS(Windows)を導入する際は、DVDドライブを構成に含めていないので、USB版を購入することをおすすめします。

また、USB版は今後マザーボード変更など行う際に簡単にOSを導入することが出来るメリットもあります。

パソコンツクールでは、他にもゲーム別におすすめ商品やPCパーツの紹介をしています。これから自作PCの作成をする方や、パソコンの購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。