PCケース選び方!大事なポイントを解説

PCケース選び方!大事なポイントを解説

皆さんの中で、PCケースを購入してから、「パーツの大きさが合わない。」や「大きすぎてスペースを取られる。」というような失敗した・・・なんていう経験無いですか?

今回はそんな方にPCケース選びで絶対に失敗しない選び方のポイントをご紹介したいと思います。

これを見ればPCケース選びで絶対に失敗することがなくなるので、これから自作PCを作成するかたは是非参考にご覧ください。

PCケースには3種類ある!?

まず、初めにPCケースの種類について簡単に説明します。

PCケースには大きく3つの種類があります。
小型(ミニタワー・スリム・キューブタイプ)・ミドルタワー・フルタワーです。

今回はこの3種類について簡単に説明します。

小型(ミニタワー・スリム・キューブタイプ)

まずは小型のPCケースです。
このPCケースは業務用のパソコンのケースに使われていることが多いです。

  • 省スペース
  • デザインが豊富にある
  • 小さいため軽い
  • 小さいためパーツの搭載数に限りがある

小型のPCケースはとにかくコンパクトで省スペースなため一人暮らしの方やオフィス用のPCケースとして使われていることが多いです。

また、見た目が小さく持ち運びの簡単で、デザインも豊富にあるため、最近では女性の方にも人気のPCケースの種類になっています。

しかし、コンパクトで小さい分搭載できるパーツ数も限りがあるので、ゲーミングPC用のケースとして使われることがあまりないです。

対応マザーボード

  • Mini-ITX
  • MicroATX(一部搭載不可)

ミドルタワー

もっとも一般的でCAD図面編集用のパソコンだったりゲーミングパソコンのケースとして使われていることが多い。

  • 製品数が豊富
  • コンパクトかつパーツの搭載可能数が多く拡張性がある
  • パーツが交換しやすい

製品数がもっとも多くあり、見た目にこだわったものが多いので、男性の方に人気のPCケースの種類です。

他にも、PCケース自体がそこまで大きくないのにも関わらずパーツの搭載可能な数が多く拡張性が高いのも人気の一つです。

最近では、ミドルタワーのPCケースでゲーミングPCを自作する方も増えてきているのが特徴のPCケースです。

対応マザーボード

  • Mini-ITX
  • MicroATX
  • ATX(一部搭載不可)

フルタワー

処理能力が求められるサーバー用パソコンやゲーミングパソコンに多く採用されている。

  • 拡張性が高い
  • 高い冷却性能
  • 設置にスペースが必要
  • カスタマイズが自由自在

他のPCケースに比べてもっとも大きく搭載可能なパーツ数も多いのが特徴です。

搭載可能数が多いのが拡張性が良くほぼ自由自在にカスタマイズすることが可能です。
また、PCケース自体が大きいので冷却性に一番優れています。

しかし、すごく大きいので設置するのにスペースが必要なので、空間が限られている場合、設置出来ない可能性があります。

対応マザーボード

  • Mini-ITX
  • MicroATX
  • ATX
  • Extended ATX(一部搭載不可)

PCケースの選び方のポイント

では、簡単にPCケースの種類を知った上で本題のPCケースの選び方のポイントを紹介していきます。

  • 搭載したいマザーボードの大きさを知る
  • 搭載したいSSD・HDD・DVDドライブの数を把握する
  • その他

PCケースの選び方で大事なのはこの3つのポイントです。では、詳しく見ていきましょう!

1.搭載したいマザーボードの大きさを知る

搭載したいまたは、予定のマザーボードの大きさを知ることがPCケース選びの最重要ポイントです。

上記にも記載していますが、マザーボードはATX、Mini-ITX、MicroATX、この3種類が主流です。

それぞれのマザーボードには大きさとレイアウトが規格で決まっており、ネジの取り付け位置も決まっています。

そのため搭載したいマザーボードの種類を確認し、対応した大きさのPCをケースを選ぶようにしましょう。

2.搭載したいSSD・HDD・DVDドライブの数を把握する

SSD・HDD・DVDドライブなどを設置できる場所をベイと言います。

このベイの数が多ければ搭載できるSDD等の数も多くなります。搭載したいベイの数以上のPCケースを選ぶようにしましょう。

しかし、ベイの数に比例してケースの大きさも大きくなるので注意しましょう。

また、ベイの大きさには、2.5インチ、3.5インチ、5.25インチ用があり、大きい場所には小さいものは搭載できます。(別売りのキット等が必要な場合がある)

当たり前ですが、小さい場所には大きものは搭載できません。

搭載したい、SSD・HDD・DVDドライブなどの数を知り、適切なPCケースを選びましょう。

3.その他

全面端子の数や種類

マザーボードにも端子は搭載されていますが、全面にUSB端子や音声の入出力端子があることで周辺機器の着脱が簡単に行えますので便利です。

事前に端子の数を把握しPCケースを選ぶのもポイントの一つです。

冷却性能

PCケースの大きさに比例して冷却性能は上がります。自分の選んだPCパーツがどれだけ熱を持つかをしり、PCケースの大きさを選びましょう。

また、場合によっては、熱冷却用のパーツの購入を考えるとより冷却性能の優れたPCになります。

作業性

パーツ取り付けを行うのも自分です。

作業性の悪いPCケースを選ぶと作成するのに時間がかかりストレスですので、配線や取り付けなどの作業性を考えてPCケース選ぶと良いでしょう。

また、パーツの交換や増設をのちに考えている人は、作業性や搭載可能数も考えてPCケースの大きさも選びましょう。

他のパーツの選び方

CPUの選び方

CPU選び方!失敗しない為の大切なポイント!

マザーボードの選び方

マザーボードの選び方!絶対に失敗しない大切なポイント!

電源ユニットの選び方

【自作PC】電源ユニットの選び方ポイント解説!

まとめ

以上のことを踏まえて、PCケースを選ぶと絶対に失敗することは無いです!!

どんどん、自作PCを改良、増設をしてよき自作PCライフを!!

また、当サイトでは、ゲーム別にオススメのPCパーツや周辺機器を紹介していますので、参考にご覧ください。