簡単お掃除!!パソコン周辺機器のお手入れ方法を紹介

簡単お掃除!!パソコン周辺機器のお手入れ方法を紹介

普段パソコンや周辺機器に良く触れている方で、マウスやキーボードがどれだけ汚れているのかなど気にされたことありますか?

そこで今回は、誰でも簡単に実践可能なパソコン周辺機器や自作PCの掃除・お手入れの方法と注意点について詳しく解説していきたいと思います。

パソコンはどれくらい汚れているの?

掃除

マウスやキーボードって実際そこまで汚くないでしょ!って思っておられる方は注意してください。

普段触れているマウスやキーボード、スマホなどは、

トイレの便器より汚れている。

と、言われています。言うならばトイレの便器を触ってる以上に汚いということです。

実際にこの情報を聞くと今すぐパソコンの周辺機器を掃除したくなりますよね…。

また、基盤や電子回路内にほこりが溜ると、パソコンの故障や最悪の場合は火災の原因になったりするので、掃除は欠かさずに行うようにしましょう。

パソコン掃除中の注意点

パソコン掃除方法

パソコンや周辺機器等はご存じの通り精密機器で、振動や衝撃に弱く非常に壊れやすい機器です。ですので、掃除中の振動や衝撃には十分に注意しましょう。

水分の含んだ布やタオルを使用すると、基盤や電子回路がショートしてしまう可能性があります。この場合メーカーの保証対象にならないので十分に注意しましょう。

どうしても拭き取りたい場合は、振動や衝撃に注意した上で乾いた布やタオルを使用するようにしましょう。

また、電源が入った状態で掃除するとパソコンの作業中のデータが紛失したりするので、電源は切った状態でコンセントも抜いてから掃除しましょう。

他にも、パソコン本体やマウス、キーボードなどの周辺機器を無理に分解したりすると戻せなくなって掃除どころではなくなる可能性があるので、無理に分解などはしないようにしましょう。

また、分解すると、メーカーの保証は完全に受けられなくなります。

  • 振動・衝撃に注意すること。
  • 水分の含んだ布やタオルで掃除しないこと。
  • 電源は切ってから掃除すること。

パソコン掃除・お手入れ方法

それでは、簡単に実践できる掃除・お手入れ方法を紹介していきます。

乾いた布やタオルで掃除

あまりお勧めできませんが、乾いたタオルや布を使用して軽く拭き取る掃除方法があります。

簡単に掃除・手入れ出来る方法ではありますが、タオルや布には微量の静電気が発生しており、静電気でパソコンのパーツがショートしたり破損したりするのであまりお勧めできません。

除電ブラシで掃除

パソコンは精密機器で静電気や衝撃・振動に弱く掃除・お手入れにも工夫が必要ですが、誰でも簡単で手軽に掃除・手入れ出来るグッズが「除電ブラシ」です。

除電ブラシはパソコン本体の静電気を除去してくれる上に、キーボードの隙間のほこりやパソコン内部小さなゴミも簡単に除去できます。

価格も安価なものが多いので、パソコンを持っている方は一つ常備しておくことをお勧めします。

ダストブロワーで掃除

Amazonで詳しく見る

ダストブロワーという強風を噴射する掃除道具を使用してお手入れする方法があります。

この方法はすごく簡単で、気になるところに「ぷしゅ!」っと噴射するだけです。

また、この商品にはふき取り用のクリーナーウェットティッシュも付属しているので机上などを一緒にまとめて拭き取ることが可能です。

空気の力のみでほこりなどの掃除が可能なので、簡単で時短にお手入れが出来るおすすめの商品です。

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、誰でも簡単にパソコンや周辺機器を掃除・お手入れが出来る方法を紹介しました。

パソコンは精密機器で振動・衝撃に弱いので十分に注意して掃除・お手入れをしましょう。

パソコンツクールでは他にも、おすすめのパソコン周辺機器の紹介記事や自作PCの構成紹介記事を掲載しています。今後、パソコン購入や自作PC作成をする方に有益なサイトですので是非他の記事も参考にご覧ください。

<参考記事>

自作PCの寿命とは!?プロが徹底解説