おすすめ記事はこちら→ 予算別自作PC構成まとめ25選!

自作PCの何がいいの?メリットとデメリット!

自作PCの何がいいの?メリットとデメリット!

今回は、誰もが、自作PCについて疑問に思っているであろう、

「自作PCって実際どうなの?」

「自作PCのメリットとデメリットはなに?」

等、ゲーミングパソコンや事務用パソコンを購入する際に一度は悩んだ経験あると思います。

そこで、今回は自作PCを作成するメリットとデメリットまた、実際自作PCを使ってみてどうなのかを自作PC歴7年の私が解説していきます。

自作PCのメリット

まずは、皆さんが一番気になっている自作PCを作るメリットについて簡単に紹介していきます。

  • 最低限のパーツで組めるため低価格でパソコンが手に入る。
  • 予算に沿った自作PC構成が出来る。
  • 見た目を自分の好きなようなものに出来る。
  • 使用用途に特化したカスタマイズが出来る。
  • パソコンのスペックアップをしたい時に容易にできる。

主に、こんな感じのメリットがあります。

特に大きなメリットは、

「予算に沿った自作PC構成が出来る。」

ということです。

なぜかというと、自作PC作成途上は予算10万円と決めて、必要で重要なパーツにだけ予算をかけ、不要なパーツ等を省略して予算内に抑えて作成し、

自作PC作成後、予算に余裕が出てきたときに、省略したパーツや手を抜いたパーツに予算をかける。

といったメリットがあり、

使用用途に特化したPCを最低価格で作成することが出来ます。

他にも、

「見た目をギラギラに光らせたい。」

という場合も自分の好きなようにカスタマイズできますし、

見た目に飽きてしまったら簡単に変更することも可能というメリットがあります。

私みたいな、飽き症の方にはメリットだらけなので、絶対に自作PCにしたほうがいいと思います。

自作PCのデメリット

メリットについては紹介しましたが、メリットだけではなくデメリットもありますので、合わせて紹介していきます。

  • パーツ選びに時間がかかる。
  • 一人で組み立てるのが面倒である。
  • ドライバー等の専用工具等が必要である。
  • 自作PC初心者の方には結構難しい工程である。

デメリットについて書き出してみましたが、9割ぐらいは自作PCを作成するまでのデメリットが多かったです。

今まで多くの自作PCを作成してきましたが、やはり、作成するまでが結構大変で、

パーツそれぞれに対応したものを選ばなければいけないので、自作PC初心者の方には結構難しいと思います。

ですが、自作PCは、

作成してしまえばあとはメリットしかないのが自作PC

です。

また、慣れてしまえば簡単にパーツ選びから組み立てまでできるので、自作PCにはメリットしかないと思います。

パーツ選びに時間がかかる方や各パーツ選び方がわからないという方は、良く失敗するパーツの選び方のポイントを紹介していますので、参考にしてみてください。

CPUの選び方

CPU選び方!失敗しない為の大切なポイント!

マザーボードの選び方

マザーボードの選び方!絶対に失敗しない大切なポイント!

電源ユニットの選び方

【自作PC】電源ユニットの選び方ポイント解説!

PCケースの選び方

PCケース選び方!大事なポイントを解説

自作PCを使った人の感想

・私の感想

自作PC歴7年ですが、今まで使ってみてメリットしか感じたことないです。

自分も自作PC初心者のころはデメリットでも話したように、

「このパーツどこにつなぐの?」や「ほんとに起動するの?」など不安だらけでした。

ですが、一度作成してしまえば、後はもう自由に改造が出来るので、ほんとに自作PCにしてよかったと今でも思っています。

家電量販店が好きで良く行くのですが、一度自作PCを作成すると売っているPCを見ても、

「自作PCのほうが結局安いし、コスパ良いしなぁ。別に要らないなぁ。」

って思ってしまうレベルで自作PCはメリットだらけです。

・自作PC歴10年の方の感想

今まで多くのPCに触れてきましたが、やっぱり自分で作ったPCが一番相性がいいです。

自分のプレイスタイル(ゲーム)に合ったPCへカスタマイズできるので、自作PCにはメリットしかないと思います。

作成するまでは、手が出しづらいですが、一歩踏み出して作成してみてください。

・自作PC歴15年の方の感想

自作PC最高!!

まとめ

自作PCのメリットとデメリット、自作PCを使っている方の感想を紹介しました。

一度、自作PCを作成した方は口をそろえてメリットしかないと言っています。

私もメリットしかないと思っています。

初めは、手を出しづらいと思いますが、自作PCに迷っている方は一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?