自作PC予算5万円まとめ!おすすめ構成5選

自作PC予算5万円まとめ!おすすめ構成5選

今回は予算5万円で作る自作ゲーミングPCのパーツ構成を紹介します。

Intel CPUとAMD Ryzen CPU別に使ったゲーミングPCを掲載しています。

また、今回はゲームに特化した自作PC構成ですので、コストを抑えているところも多々ありますが、すべてコスパの良い自作ゲーミングPCの構成です。是非参考にしてください。

予算別にまとめた記事も掲載しています!!ご覧ください!!

自作PC予算別まとめ!!ゲーミングPC構成25選

Intel CPUを使った構成①←超おすすめ!!

自作PC予算5万円
  • CPU:Intel CPU Pentium G5400 [商品を見る] 7,000円 
  • マザーボード:MSI H310M PRO-VDH PLUS [商品を見る] 6,500円
  • GPU:玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1660 GG-GTX1660-E6GB/DF [商品を見る] 23,000円
  • メモリ:シリコンパワー DDR4-2400(PC4-19200) 8GB×1枚 [商品を見る] 4,000円
  • HDD:Seagate BarraCuda 3.5 1TB [商品を見る] 4,500円
  • 電源ユニット:玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 400W [商品を見る]4,000円

全ての商品をショッピングカートへ追加

  • GPUの性能がよくほとんどのゲームはプレイできる。
  • 5万円以内でコスパが良い。
  • 自分も昔使っていた構成でなんのストレスもなく使用できていた。
  • PCケースが無い。
  • メモリの使用率の高いゲームは安定性に欠ける。
  • 画面録画などの同時処理は不安定である。

この構成の特徴

合計価格は49,000円と5万円以内で破格です。

やっぱり自作PCは最高ですよね自分のやりたいように組める!!

CPUの性能を落としグラフィックに特化させた構成です。この構成は私もPCゲーム初心者のころは使っていた構成です。

CPUは「Intel CPU Pentium G5400」と性能が低そうに見えますが、全く気になることなくマイクラやFPSゲームをプレイすることが出来てました。何なら、PUBGもフル画質でやってましたし!笑

PCケースはさすがに私も使ってましたが、無くても良いって言うかたは省略しても良いかと思います。

Intel CPUを使った構成②

自作PC予算5万円
 

全ての商品をショッピングカートへ追加

  • コア数が4コアで同時処理も安定して行える。
  • 5万円以内でかつおつりが来るレベルである。
  • PCケースありでもおつりが来る。
  • メモリが16GB搭載でメモリ使用率の高いゲームでも安定する。
  • GPUの性能的に高クオリティーでのプレイには安定性に欠ける。
  • 電源容量が400Wなので、パーツ増設時に容量不足となる可能性がある。

この構成の特徴

合計価格はPCケースなしで、45,000円程度で大幅におつりがくるレベルです。

PCケースありだと、49,200円でぎりぎりです。

どちらでも、5万円内には収まりますが、私がおすすめするのはPCケース有りのバージョンです。

なぜかというと、PCケースが無いことにより、ファンでの負傷や埃による火災が生じる場合がありますので、管理には十分注意する必要があります。

特徴としては、余計な出費を抑え5万円内に収めるためにDVDドライブもつけてません。ですので、OS(Windows)の購入はUSB版を購入するようにしてください。

上記の点を踏まえても十分なスペックの自作PCで、マイクラやフリーのFPSゲームをするなら申し分ないレベルだと思います。

その他のIntel CPUを使った予算5万円の構成

超最安!5万円で作る最小スペックゲーミングPC

(2020年最新)OS込み5万円!ゲーミング自作PC

Ryzen AMD CPUを使った構成①←超おすすめ!!

自作PC予算5万円

全ての商品をショッピングカートへ追加

  • コア数が4コアで同時処理も安定して行える。
  • GPU・CPUの性能がよくほとんどのゲームはプレイできる。
  • 5万円を少しオーバーしている。
  • PCケースが無い。

この構成の特徴

合計価格は、54,500円と5万円から大幅にオーバーしてしまっていますが、こちらの構成はRyzen AMD CPUを使った構成では超おすすめする構成です。

このPCさえあれば、取りあえずはどんなゲームでもプレイできることは間違いなしです。

しかし、動画を撮影しながらや、生配信をしながらのゲームプレイは安定しない場合がありますが、その際はメモリの増設をすると安定するようになるので、本当におすすめの構成です。

Ryzen AMD CPUを使った構成②

自作PC予算5万円

全ての商品をショッピングカートへ追加

  • コア数が4コアで同時処理も安定して行える。
  • >メモリが16GB搭載でメモリ使用率の高いゲームでも安定する。
  • 5万円を少しオーバーしている。
  • PCケースが無い。
  • GPUの性能的に高クオリティーでのゲームプレイは安定しない。

この構成の特徴

合計価格は、50,200円と5万円を少しオーバーしてしいました。

原因としてはやはりRyzen CPUの値段が高いということです。しかし、性能的にはIntelの第10世代と同等レベルですので、Ryzen CPUは凄くコスパの良いCPUです。

この構成ではPCケースを購入すると5万円を大幅にオーバーしてしまうので、予算が限られている場合ばPCケースを省略したほうが良いかと思います。

Ryzen AMD CPUを使った構成③

自作PC予算5万円

全ての商品をショッピングカートへ追加

  • コア数が6コアなので、同時処理が安定的に行える。
  • 5万円以内である。
  • PCケースが無い。
  • GPUの性能的に高クオリティーでのゲームプレイは安定しない。

この構成の特徴

合計価格は、49,700円で5万円内に収まりました。

少し無理やりですが、「AMD Ryzen 5 3500」を搭載させてみました。

正直、他のパーツのコストを削って「AMD Ryzen 5 3500」を搭載する意味は無いと思います。性能的には「AMD Ryzen 3 3200G」と大差はないので…。

私個人としてはあまりお勧めしない自作PC構成です。

各パーツの選び方

CPUの選び方

CPU選び方!失敗しない為の大切なポイント!

マザーボードの選び方

マザーボードの選び方!絶対に失敗しない大切なポイント!

電源ユニットの選び方

【自作PC】電源ユニットの選び方ポイント解説!

PCケースの選び方

PCケース選び方!大事なポイントを解説

まとめ

今回紹介した5万円で作る自作PCの構成は、あくまで一例ですので、自作PCの構成はまだまだ無限のようにあります。

これから自作PCを作成される方に、少しでもお役に立てればと思いますので、是非参考にしてみてください。