予算4万円!GT710でAPEX最小動作PCを自作!

予算4万円!GT710でAPEX最小動作PCを自作!

今までも、これからも大人気のゲーム「Apex Legends」今回はこのゲームの必要動作環境(最低動作)スペックを最低限の価格(予算4万円)で作る構成を紹介していこうと思います。

最低限のスペックですので、安定しない場合がありますのであらかじめご了承ください。

他にもパソコンツクールでは予算別に自作PC構成を紹介しています。参考にご覧ください。

こちら!→予算別自作PC構成まとめ25選!

「Apex Legends」必要動作環境

それでは早速!!

っと言いたいところですが、まずはAPEXの必要動作環境(最低動作)スペックを見てみましょう。

下記はAPEX公式が発表している必要動作環境(最低動作)です。

  • OS: Windows 7 64ビット版
  • CPU: Intel Core i3-6300 3.8GHz / AMD FX-4350 4.2GHz
  • RAM: 6GB
  • GPU:  NVIDIA GeForce GT 640 / Radeon HD 7730
  • GPU RAM:  1GB
  • ストレージ: 22GB以上の空き容量

こちらの内容をもとにAPEXがプレイ出来る最低限の自作PCの構成を紹介していきます!

※OSについては、今回省略させていただきます。

では、見ていきましょう!

最低予算自作PC構成

全ての商品をショッピングカートへ追加
  • 予算4万円以内である。
  • CPUがCore i3なので、そこその同時処理なら可能である。
  • GPUも搭載しており最低クオリティーではゲームプレイ問題ないレベルである。
  • メモりが合計で8GB搭載しているので、安定したプレイが可能である。
  • DVDドライブを搭載していないので、OSのインストールはUSBが必要。
  • PCケースが無いので、すべてのパーツがむき出しの状態になる。
  • 電源ユニットが350Wなので、PCのスペックアップをする際に容量不足となる可能性がある。

この自作PCの詳しい情報

CPUについて

APEXでは、CPUの性能はそんなに求められておらず、最低動作スペックがIntel Core i3-6300 3.8GHzなので、それ以上のスペックの物を選んで見ました。CPUについては、Intel CPU Pentium G5400 3.7GHzでも、いいような気がしましたが、せっかくなので、少しだけ性能のよい、こちらの商品を選びました。

・マザーボードについて

これを選んだポイントは2つです。

1つ目、CPUのソケット形状。

2つ目、H310搭載MicroATXがついているということです。

・メモリーについて

APEXというゲーム自体そんなにメモリを使用するゲームでは無いため、上記のマザーボードが対応している、2666MHzの8GBものにしています。一番、コスパがよく、ブランド名もあるものにしてみました。

・GPUについて

動作環境がNVIDIA GeForce GT 640という事なので、少しワンランク高めの、こちらを選びました。

というか、NVIDIA GeForce GT 640って今どこに売ってるの!?笑

ワンランク高めですが、最高クオリティでプレイ出来るわけではなく、グラフィックを少し落としてのプレイになります。

・HDDについて

ゲームを保存したり画像や動画保存しても申し分ない程度でかつ、オフィス用としても使うこともできますので、テレワークでも重宝します。

最近ではHDDも凄くやすくなってきているので、1TBでも十分なコスパを誇ります!

・電源ユニットについて

350Wと少し少なめですが、この程度のスペックのPCなら全く問題ないでしょう。

ですが、今後GPUの性能アップなどをしたい時には、容量が不足してしまう場合があります。

まとめ

っとこんな感じでAPEX最低動作スペックで組んで見たのですが、4万円程度で完成しました!

ここから、OSやらPCケースやらを入れると5万円弱ですかね?

DVDドライブを搭載していないので、OS(Windows)の導入はUSB版で導入することをおすすめします。

また、ここから手を加えるなら、GPUをGTX1050TiにしてみるともっとAPEXを快適にプレイ出来ていいかもしれませんね!ですが、電源ユニットの容量不足には気をつけてください。

最後に

最低限の構成ですので、いずれガタがくると思われます。

だた、APEXを最低グラフィックでプレイするなら申し分ない程度です。

また、事務処理等のオフィスとしても高性能なスペックですので、多方面の用途使えてコスパの良い自作PC構成になっていると思います。是非参考にしてみてください。

また、当サイトでは、ほかにもゲーム別におすすめPCパーツや周辺機器紹介してますので、ぜひ参考にしてみてくだい。