(2020年最新)OS込み予算10万円!ゲーミング自作PC

(2020年最新)OS込み予算10万円!ゲーミング自作PC

今回はOS込みで10万円に収める自作ゲーミングPCの構成を考えたいと思います。

10万円あればそこそこに良いゲーミングパソコンを作ることができます。ちなみにこれは、私が実際に使っているゲーミングPCの構成です。参考にご覧ください。

パソコンツクールでは、予算10万円で作るおすすめ自作PCの構成を掲載しています。是非ご覧ください。

自作PC予算10万円まとめ!!超おすすめの構成5選

構成

CPU:INTEL インテル CPU Corei7-9700K INTEL300シリーズ

CPUについてですが、正直このレベルのCPUは少し勿体無い感はあります。

どうしてももっと低予算に抑えたい方は少しグレードを下げて見てもいいかもしれません。

購入はこちら

GPU:ASUS NVIDIA GeForce GTX1050TI搭載ビデオカード

このGPUは私が使ってプレイしたゲームの中では、問題なく動作しています。

もっとクオリティーの高いBFやGTAなどのFPSをプレイしたい方はもう少しグレードの高いGPUをおすすめします。

購入はこちら

マザーボード:ASUS Intel H370 搭載 マザーボード LGA1151対応

マザーボードについては、CPUとGPUの性能から、最安値のものを選びました。

購入はこちら

メモリー:リコンパワー デスクトップPC用メモリ DDR4-2400(PC4-19200) 4GB×2枚

メモリーはマザーボードの性能に当てはまるのでこちらです。

増設をお考えの方は8GBや16GBのものでもいいかもしれません。

購入はこちら

電源ユニット:玄人志向 STANDARDシリーズ 80 PLUS 500W ATX電源

電源については消費電力の多いものは搭載していないので、500Wで十分ことが足りるので、500Wです。

購入はこちら

HDD:Seagate BarraCuda 3.5″ 1TB 内蔵ハードディスク HDD 2年保証 6Gb/s 64MB 7200rpm

ハードディスクですが、当初は3TBや4TBのものを考えていましたが、写真や動画を保存したりなどの使用用途はないため、1TBで妥協です。

購入はこちら

DVDドライブ:Asus Windows10対応 M-DISC対応 最大24倍速書込 SATA接続 

購入はこちら

PCケース:Thermaltake Versa H18 ミニタワー型PCケース

購入はこちら

まとめ

今回の構成はOS込みで10万円を少し超える程度です。しかし、性能としては申し分なく、どんなゲームでもプレイは可能レベルですので、オールマイティーにゲームをプレイしたい方にはオススメの構成となってます。

私もこの構成でゲームをプレイしていますが、PUBGやAVA等のゲームで最高画質にしても問題なく動作しています。比較的安価ですので、ぜひ皆さん参考にして見てください。

パソコンツクールでは、その他予算まとめも掲載しています。参考にご覧ください。

自作PC予算別まとめ!!ゲーミングPC構成26選