【最新版】Wi-Fiルーター選びで絶対に失敗しないポイントを解説

【最新版】Wi-Fiルーター選びで絶対に失敗しないポイントを解説

自宅やオフィス、飲食店などでも絶対に欠かせないものが、無線LANルーター・Wi-Fiルーターなどのインターネット環境です。そんなWi-Fiルーターですが、安いからと選んでしまうと失敗してしまう恐れがあります。

そこで、今回はWi-Fiルーター選びで絶対に失敗しないポイントと選び方について解説していきたいと思います。

Wi-Fiルーターとは?

Wi-Fiルーター

初めにWi-Fiとはなにか簡単に解説していきます。

Wi-Fiは一般的に「ワイファイ」と読みます。端末がお互いに無線で接続可能になる方式(規格)の名称です。

また、ルーターとはインターネット回線との接続を可能にする端末の事を言います。

無線でルーターと接続しインターネット通信が可能になるので、二つ合わせて「Wi-Fiルーター」と呼んでいます。

Wi-Fiルーターの選び方とポイント

Wi-Fiルーターの選び方とポイントについてですが、大きなポイントとして5つあります。

  • 転送速度(通信速度)
  • 周波数帯域の確認
  • 機能性の確認
  • アンテナの種類や大きさ
  • セキュリティの強さ

まずは、この各ポイントを詳しく解説していきたいと思います。

転送速度(通信速度)

Wi-Fiルーター

誰もが気にするポイントだと思います。しかし、実際に店舗などでWi-Fiルーターのパッケージを見ると「IEEE 802.11a対応」など見慣れない文字が並んでいてわからないと思いますので、詳しく確認していきましょう。

<Wi-Fiルーター対応一覧表>

規格最大通信速度
IEEE 802.11a54Mbps
IEEE 802.11b11Mbps
IEEE 802.11g54Mbps
IEEE 802.11n600Mbps
IEEE 802.11ac6,900Mbps
IEEE 802.11ax9,600Mbps
    「bps(ビットパーセカンド)」とは、データの伝送速度の単位です。インターネット通信やパソコンとHDDのデータ転送速度などに主に用いられています。 例を挙げると、「100Mbps」あると1秒間に「12.5MB」のデータ転送が可能です。

周波数帯域の確認

Wi-Fiルーター

現在、一般のWi-Fiルーターには「2.4GHz」と「5GHz」の2種類の周波数帯域が存在します。周波数帯域によってどんな違いがあるのか確認していきましょう。

2.4GHzについて

2.4GHzは、壁や天井、家具などの障害物があっても減衰が少なく電波が届きやすいです。しかし、同時に何台もインターネット通信を行うと通信速度が低下してしまいます。

  • 障害物の影響を受けづらい
  • より遠くまで電波が届く
  • 同時にインターネット通信を行うと速度が低下する

5GHzについて

5GHzは、非常に強力な電波かつ同時に19台までインターネット通信が可能なので快適かつ圧倒的な通信速度なWi-Fi環境です。しかし、壁や天井な、家具なのどの障害物があると電波が透過出来ない為、電波が不安定になってしまう場合があります。

  • 同時接続可能数が多い
  • 強力で高速なインターネット通信が可能
  • 壁や天井、家具などの障害物の影響を受けやすい

機能性の確認

機能性について特に見ておくべきなのが、IPv6対応に対応しているかです。

IPv6とは従来のIPv4接続方式とは違い大容量かつ高速インターネット通信が可能な接続方式です。

IPv6接続方式でインターネットを契約している方は、IPv6対応のWi-Fiルーターを選ぶことをお勧めします。値段もあまり変わらないのにグレードの低い方を選ぶのは損ですからね!

また他にも、一部のWi-Fiルーターでは「ビームフォーミング」といってインターネット端末にめがけて電波を届ける機能もあるので、ご自分にあった機能を選ぶと良いでしょう。

アンテナの種類や大きさ

Wi-Fiルーターにはアンテナが必ず付いています。そのアンテナの種類や大きさによって電波の届く範囲や強さが変わります。

また、Wi-Fiルーターによってはアンテナが内臓されているものもあります。

ちなみに、アンテナから電波がどのように出ているか知っていますか?

基本的にはアンテナの先端から出ているのではなく、アンテナから垂直方向に電波が出ています。なので、アンテナの向きによっても電波の範囲や強さが変わるので注意しましょう。

セキュリティーの強さ

Wi-Fiルーター

Wi-Fiルーターにもセキュリティーが必要です。同じインターネット環境へ接続されている端末から情報を抜き出すことも可能なので、安全性を高めるためにも必ずセキュリティー機能をチェックしWi-Fiルータ-を選びましょう。

また、現在、Wi-Fiルーターのセキュリティーには4つの規格があります。「WPA3」「WPA2」「WPA」「WEP」この4種類です。

WPA3が最も最新の規格で安全性が非常に高い規格ですので、選ぶ際はWPA3を選ぶことをおすすめします。

Wi-Fiルーターの設置場所について

Wi-Fiルーターは置き場所によっても、電波の強さや通信速度、安定性が落ちるのはご存じでしょうか?

実は、せっかく性能の良いWi-Fiルーターを購入しても、置き場所を間違ってしまうと電波が届かなかったり、通信速度が遅くなったりします。

そこで、誤った設置方法、接地場所を紹介します。皆さんもせっかくのWi-Fiルーターをこのような置き方していないか一度確かめてみてください。

Wi-FiルーターNG①:電波や磁場を発生させる家電や家具付近

Wi-Fiルーター

特に注意すべき家電が電子レンジです。電子レンジは電波と磁場両方を発する家電製品ですので言うならばWi-Fiルーターの敵にあたる存在ですので注意しましょう。

Wi-FiルーターNG②:水槽などの水回り付近

水がかかって故障する可能性があるのはもちろんですが、電波は水に弱く吸収されてしまう性質を持っています。

ですので、付近にウォーターサーバーや水槽があると電波が弱くなり通信速度の低下を招く恐れがあります。

Wi-FiルーターNG③:部屋の角や床への設置

置き場所に困って部屋の角や床へ直接設置したりしていませんか?

電波はアンテナから垂直に出て楕円形に広がって行きます。ですので、部屋の角や床に直接置くと電波が殆ど壁や床が遮ってしまうことになります。

Wi-Fiルーター選び方のまとめ

現在は、数多くの種類や用途別にWi-Fiルーターが販売されており、一般用やゲーミング用では機能や性能が異なりますので、自分の用途にあったWi-Fiルーターを選びましょう。

また、安いからと言って安易に決めてしまうと、セキュリティーが弱かったりするので、事前にセキュリティーや機能性を十分に確認した上で購入するようにしましょう。

<合わせて読みたいおすすめ記事>

超強力通信Wi-Fi6対応!!おすすめ無線LANルーター